E.blog

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

無敵鋼人ダイターン3 第16話「ブルー・ベレー哀歌」

万丈の命を狙うブルー・ベレーを被ったコマンダー特殊部隊。社会からはみ出した少年達がソルジャーとなって構成されているが、そのリーダー・ラッドは妹・ケリーを想う気持ちを忘れてはいなかった。

社会からはみ出した少年たちで構成されるコマンダー部隊。リーダー格はラッドと呼ばれる少年で、メガノイドになった後でも、妹・ケリーが画家になることを応援し見守る気持ちを抱いていた。ラッドは父親に反発し家を出たわけだが、ラッドの父親は高名な教育評論家。教育評論家の親に、反発し不良行為を繰り返す息子……『聖戦士ダンバイン』ショウ・ザマの設定が脳裏をかすめる。

マッハアタッカーに変形できないシーンでは、尺取虫や亀がノコノコ登場するなど、部分部分のコメディも気持ち良い。ラッドたち少年たちを利用し万丈に立ち向かわせるコマンダーだが、最終的には見放す形に。ラッドたちソルジャーでもメガボーグになれる「マクロメカ」を使い、4人が合体しメガボーグとなって万丈に立ち向かうも最後はケリーを助け、自らもメガノイドから足を洗うのだった。

セリフ

万丈「ケリー、君の兄さんは、妹を想う人間の感情が残っていて、まだ完全なメガノイドじゃないんだ。助けられるかもしれないんだぞ」

ラッド「ケリーの事は言うな!我々は万丈を倒せば、それで良いんだ!我々は選ばれたソルジャーだ。コマンダー特殊部隊だ。それを忘れるわけにはいかない」 *しかし、指揮官であるコマンダーは彼らを使い捨てと考える。

声の出演

破嵐万丈鈴置洋孝/三条レイカ:井上瑤/ビューティタチバナ:水野カコ/トッポ:白石冬美/ギャリソン時田:北村弘一

ラッド:安原義人/ケリー:潘恵子/ラッドの父:清川元夢/ラッドの母:牧野和子/側近:田中崇*1/隊員B:三ツ矢雄二/隊員A:水島裕

*なぜか「隊員」のAとBの順序が逆になっている。

スタッフ

脚本 星山博之
絵コンテ 貞光紳也
演出 貞光紳也
作画監督 富沢和雄
作画 長崎重信/鍋島修平山智亀垣一
美術 メカマン
背景 アイプロ/三浦智/小板橋康恵
動画チェック 柏田智子
仕上 シャフト/露木智恵子/増田嘉子
特殊効果 土井通明
タイトル 多々良正春
撮影 旭プロダクション
編集 鶴渕友彰/小谷地文雄
現像 東京現像所
音響監督 松浦典良
効果 松田昭彦
整音 オーディオ・プランニングU
録音 整音スタジオ
制作進行 草刈忠良
設定制作 鶴見和一
アシスタントプロデューサー 田豊
制作 名古屋テレビ*2創通エージェンシー日本サンライズ*3

次回予告

古代から甦る、強大なルーミス帝国が目指すものは何か?醜い争いを怒る、皇帝アキラスの前に、レイカは全てを賭けて立ちふさがる。愛する者たちのために!次回、無敵鋼人ダイターン3「レイカ,その愛」に、カムヒア!

広告を非表示にする