E.blog

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

無敵鋼人ダイターン3 第11話「伝説のニーベルゲン」

博物館に展示されていた戦車が勝手に動き出し町を蹂躙。メガノイドの仕業だ。戦車コレクターのヘスラーからガードを依頼された万丈だが、そのヘスラー自身が事件の黒幕だった。彼は自らが作り上げた究極の戦車「ニーベルゲン」でダイタンクに戦車戦を挑んできた。

亀仙人であり一平じいちゃんであり外観和尚である宮内幸平が声を充てる戦車コレクターのヘスラー。第一声が「ハイル!ヘッケラー!」、昔話として「ロンノン戦車隊(ロンメル戦車隊)」の話をする部分など、やはり旧ナチスがモデルとなっているのか。

ヘスラーは冷凍睡眠で90年ほど眠っていたことから、何と御年140歳。大戦中に戦車を作っていたことから、技術が発達した未来に究極の戦車を作ろうと夢を抱いての冷凍睡眠であったが、目覚めたときには平和な世の中になっていた。しかし戦車作りの夢と戦車への愛が捨てきれずメガノイドとなった。恐らく、冷凍睡眠から目覚めた後の孤独と失望という弱みを、メガノイドに付けこまれたのではないだろうか。

自らが作った究極戦車「ニーベルゲン」。後発のスーパーロボット大戦シリーズにも登場しているが、その巨大さはダイタンクを遥かに凌ぐもので、更にその装甲はダイタンクのキャノン砲までも無力化してしまうほど。ダイタンクからダイターン3に変形するためのカセットサーキットを外し、一対一の戦車戦を挑むヘスラーヘスラー勝利は目前というところでトッポにカセットサーキットを奪われ形勢逆転。ヘスラー自身もメガボーグ化して善戦するが、最後までニーベルゲンを愛するその姿勢に、万丈自身も深く胸を打たれるのであった。ニーベルゲンの破壊を回避するため、今回サン・アタックは無し。残ったニーベルゲンは、ラジコンで動くように改造するというお茶目なオチで解決。

セリフ

ヘスラー「こ、このニーベルゲンは、壊させはせん!こ、こいつは、壊させんぞ……」

万丈「よっぽど戦車が大事と見える。気持ちは分かるが、生かしておくわけにはいかない。……ヘスラー、お前の戦車だけはちゃんと残してやる。戦争博物館にな」

万丈「眠っていた90年の重みが、いっぺんに圧し掛かったんだ。これでヘスラーも安らかに眠れよう。昔の夢を背負ってな……」

声の出演

破嵐万丈鈴置洋孝/三条レイカ:井上瑤/ビューティタチバナ:水野カコ/トッポ:白石冬美/コロス:信沢三恵子

ヘスラー宮内幸平/アナウンサー:鈴木清治/警官:竜田直樹*1/ソルジャーA:戸谷公次/ソルジャーB:熊谷幸男

スタッフ

脚本 吉川惣司
絵コンテ 藤原良二
演出 藤原良二
作画監督/原画 富沢雄三
作画 青山純子/大野文子/柏田涼子
美術 メカマン
背景 アート・テイク・ワン
動画チェック 柏田智子
仕上 ディーン*1/松田典子/木村容子
特殊効果 土井通明
タイトル 多々良正春
撮影 旭プロダクション
編集 鶴渕友彰/小谷地文雄
現像 東京現像所
音響監督 松浦典良
効果 松田昭彦
整音 オーディオ・プランニングU
録音 整音スタジオ
制作進行 草刈忠良
設定制作 鶴見和一
アシスタントプロデューサー 田豊
制作 名古屋テレビ*2創通エージェンシー日本サンライズ*3

次回予告

砂漠の真ん中に僕たちを招待したウェナーとは何者なんだ?襲い掛かる巨大な竜巻が、全てを飲み込む時、火星脱出に隠された僕の秘密が暴かれる。次回、無敵鋼人ダイターン3「遥かなる黄金の星」に、カムヒア!

*1:スタジオ・ディーン

*2:メ~テレ

*3:サンライズ

広告を非表示にする