E.blog

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

ルパン三世PARTIII 第15話「殺しが静かにやってくる」

脚本:大川俊道 絵コンテ・演出・作画監督亀垣一

ルパンの依頼により次元と五右ェ門に殺しの術を叩き込まれた少女・ローリイ。彼女を使って伝説のラクダ・ジョーダンの骨を探し砂漠の宝を頂戴するのが今回の計画。古文書によればジョーダンは王女が乗る神聖なラクダであり、純潔を保つ女性でないとその骨を現さないらしい。その結果、コンピューターがはじき出した少女こそローリイと言うわけだ。
しかし、行く先々でルパンの命をプロの殺し屋・ブルースが狙う。砂漠の町で銃撃戦を繰り返し、ルパンが危機に陥ったところでローリイがブルースに止めを刺した。ラクダの墓場でジョーダンのお宝に遭遇したルパンだが出てきたのは水だけ。「砂漠で一番の宝は水、それがお前の死に水よ」そう呟いてルパンを斬るローリイ。ルパンの命を狙っている張本人こそローリイであり、ブルースはその前座だったのだ。
実はローリイは新人の殺し屋であり、真の依頼人は「アルセーヌ・ルパンファンクラブ」。ルパン三世を殺したことで殺し屋人生に箔がつくかと思いきや、どっこいルパンは生きていた。五右ェ門に教わったのは仮死状態にする剣技だったのだ。抵抗も虚しく失神するローリイ。殺しの報酬100万ドルの懸賞金を横取りしようとした不二子は哀れ爆発に巻き込まれる。

原作「奇女と怪女」に準えローリイに殺しの術を与える部分までは同じ。その後の砂漠のお宝についてはオリジナル。今回処女のローリイと組むことで、比較された「不純」な不二子さんの苛立ちは相当なモノだが、最後には自分が運転する車が爆発したりともう散々。ローリイのシャワーシーン(ピンクの乳首付)などアダルティな部分に加え、殺し屋を登場させルパンの命を狙わせるなど全体的にハードな展開。前半は殺し屋との戦いを中心に緊迫した流れで描き、後半の砂漠シーンはファンタジー調で進む。その後のどんでん返しにはちょっと驚くが、ローリイがブルースを殺した時点でその予兆みたいなものを感じることは出来る。今回銭形警部はお休み。脚本は『あぶない刑事』など刑事モノの大川俊道。テレスペ『盗まれたルパン』も担当しています。絵コンテ、演出、作画監督をテレスペ『セブンデイズラプソディ』の監督、亀垣一が一人で頑張っています。ローリイ役はラムちゃんでありシモーヌである平野文。『バビロンの黄金伝説』にもキャラメール役で出演しています。ブルース役は矢田耕司

ルパン三世 PARTIII Disc.3 [DVD]

ルパン三世 PARTIII Disc.3 [DVD]

LUPIN THE THIRD PARTIII DVD-BOX

LUPIN THE THIRD PARTIII DVD-BOX

LUPIN THE BOX -TV&the Movie- [DVD]

LUPIN THE BOX -TV&the Movie- [DVD]

ルパン三世 PARTIII Blu-ray BOX

ルパン三世 PARTIII Blu-ray BOX

広告を非表示にする