E.blog

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

ルパン三世PARTIII 第14話「誘拐ゲームはお好き」

脚本:平野靖士 絵コンテ・演出:橋本三郎 作画監督小川博司 尾鷲英俊

アメリカの大富豪アルダ婆さんが誘拐された。銭形が身代金を奪った犯人を捕まえてみれば、それは何とルパン三世。ところがルパンはアルダ婆さんなんて知らないし、何よりこの三日間の記憶が無い。原因は不二子の催眠術。その不二子は、狂言誘拐を演じたアルダとその息子ロンとルパンをダシに賭け勝負。誘拐犯として捕まったルパンが逃走できれば不二子の勝ち、できなければ不二子の負けでロンと結婚、というもの。しかし賭けに勝ったにも係わらず不二子は監禁される。
アルダは愛する息子ロンを何としても不二子と結婚させてやりたいのだ。そこへルパン登場。ロンと入れ替わり、ロンには催眠術をかけ自分をルパンだと思い込ませる。銭形によって捕縛され特定重要犯罪人として即刻絞首刑と決まったルパンだが、大詰めで中身はロンと種明かし。顔色を変えるアルダであったが、ロンは無事。ルパンはアルダ家の全財産75億ドルを頂戴し、ついでに催眠術で不二子の心も頂戴する。

不二子の催眠術で記憶を失っている間に誘拐犯に仕立て上げられてしまったルパン。銭形や次元にまで犯罪者としてのプライドを傷つけられ良い迷惑である。

不二子は大富豪アルダ婆さんの息子ロンに言い寄られていたわけだが、このロンちゃんがとんでもないマザコンかつヘンタイで、不二子の裸体人形でセックスの練習をするなどもはや奇行の領域。母親のアルダ婆さんもアルダ婆さんで、息子の部屋を六面モニターで監視し、更にはロン(に扮したルパン)が監禁されている不二子を押し倒す際には「ママ、ちゃんと見ててね」「良いわよロンちゃん、ママが最後まで見ていてあげますからね」とマザコンを通り越したヘンタイ親子ぶり。

今回はAパートの不二子の顔がサドッ気たっぷりな女王様みたいな顔に。Aパートは尾鷲英俊(OHプロ)が担当し、Bパートは小川博司(501)が担当の模様。アルダ婆さん役には、幻海師範でありオリーブである京田尚子。ロン役には沢りつお

なお、この作品は『シティーハンター3』第6話「がんこな海坊主!ジェラシー子猫物語」に流用されている(脚本はどちらも平野靖士が担当)。

review.hatenadiary.jp

ルパン三世 PARTIII Disc.3 [DVD]

ルパン三世 PARTIII Disc.3 [DVD]

LUPIN THE THIRD PARTIII DVD-BOX

LUPIN THE THIRD PARTIII DVD-BOX

LUPIN THE BOX -TV&the Movie- [DVD]

LUPIN THE BOX -TV&the Movie- [DVD]

ルパン三世 PARTIII Blu-ray BOX

ルパン三世 PARTIII Blu-ray BOX

広告を非表示にする