読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマとアニメの感想文

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

無敵鋼人ダイターン3 第7話「トッポの出撃大作戦」

優良人種が集まる都市をまるごとテレポートし、都市そのものを火星へ拉致しようと企むコマンダー・ガストン。テレポートマシンを撃破するため出撃する万丈。後からやってきたダイターン3のコクピットの中にいるのは何とトッポ!?

悪戯心から予期せずダイターンのパイロットになってしまったトッポ。なお、ここで初めてトッポの本名が「戸田突太」であることが判明する。ちなみに、コンピューターの判断では、トッポは万丈にとって「第五類」……つまりは「おまけ」ということらしい。

後発のスパロボシリーズでもこのエピソードは活かされているが、操縦と言っても実際にはミサイルのボタンを偶然押してしまったり、ダイファイターのまま流砂に飲み込まれてどうしようもなく慌てているところを、万丈にダイタンクへの変形ボタンを教えてもらったりと、具体的な操縦をしている描写は無い。調子に乗って戦闘に参加しようとするトッポに、命の大切さを強く言い聞かせる万丈。機械(メガノイド)と人間を比較し命の尊さを教えるのだった。

テレポートを駆使したり、ダイターン・ザンバーを白刃取りして戦うガストンだったが、サンアタックを食らい死亡したまま木星軌道上にテレポートされて宇宙空間を漂うことに。なお、ガストン役は伊武雅刀スパロボシリーズにも敵キャラとしてガストンは登場しているが、声優付ではない理由が何となく分かるような気がした。

セリフ

万丈「機械なんか壊れたってまた作り直しゃあ良いんだ。だがな、人間ってのは一度死んだらおしまいなんだ」

ガストン「何をこしゃくな。永遠不滅のメガノイドは貴様のような小童ごときに破れはせぬわ!」

声の出演

破嵐万丈鈴置洋孝/三条レイカ:井上瑤/ビューティタチバナ:水野カコ/トッポ:白石冬美/ギャリソン時田:北村弘一/コロス:信沢三恵子

ダストン:伊武雅之*1/コンピューター:間嶋里美/所員:佐藤正治、金沢寿一

スタッフ

脚本 荒木芳久
絵コンテ 広川和之
演出 広川和之
作画監督 林良男
作画 石垣真弓/阿部恵子/塚本篤/青山純
美術 メカマン
背景 アート・テイク・ワン
動画チェック 柏田智子
仕上 ディーン*2/羽鳥真一/市川博子
特殊効果 土井通明
タイトル 多々良正春
撮影 旭プロダクション
編集 鶴渕友彰
現像 東京現像所
音響監督 松浦典良
効果 松田昭彦
整音 オーディオ・プランニングU
録音 整音スタジオ
制作進行 滝口雅彦
設定制作 鶴見和一
アシスタントプロデューサー 田豊
制作 名古屋テレビ*3創通エージェンシー日本サンライズ*4

次回予告

レイカをおびき寄せたコマンダー・ジーラ。二人の間の秘密とは何だ?地底深く救助に向かうダイタンクを、無数の戦車が待ち受ける。泣くなレイカ。僕を待て!次回、無敵鋼人ダイターン3「炎の戦車に散るジーラ」。カムヒア!

*1:伊武雅刀

*2:スタジオ・ディーン

*3:メ~テレ

*4:サンライズ

広告を非表示にする