E.blog

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

必殺からくり人 富嶽百景殺し旅 第8話「甲州犬目峠」

過労と風邪で倒れたお艶(山田五十鈴)だが、休養もそこそこに唐十郎沖雅也)からの次の仕事に取り掛かる。甲州猿橋宿近くの湯治場では、流行病「痘瘡」にかかった患者が紛れ込んで大騒動。この患者は、江戸で商売をする男で、周囲への感染を防ぐために湯治場全体を買い取ることとなった。絵から赤く浮かび上がったのが3人の男であったことから、宿の台帳を調べると、「日本橋絹問屋上州屋」と架空の名前を名乗った金銀地金問屋の黄金屋幸兵衛(江幡高志)の名前が浮かび上がる。甲州と地金問屋の結びつきは、採掘される「金」しかない。この金のおかげで甚五郎という農民が殺されていること、そして金を価値あるものにするためには精錬しなければならないことから、甲府金山奉行所が絡んでいると睨んだお艶たち。さっそく調査を開始する。

猿橋の吹所には、金山奉行所同心・冬木大作(中村孝雄)と吹所支配・守口玄蕃(原口剛)がおり、冬木は奉行である神尾主膳(勝部演之)と頻繁に連絡を取り合っていた。実は、冬木は江戸の勘定奉行所より派遣されてきた隠し目付であり、妻の八重(原田英子)と共にその任務に当たっているのだ。守口とその配下は黄金屋と組み、金の鉱脈を独占するために、金脈の第一発見者である甚五郎を殺害。隠し金山を設けて利益を得ようと画策する悪党であった。もちろん、黄金屋の痘瘡は仮病で、隠し金山を発掘するため周囲一体を立ち入り禁止にするための芝居だった。お艶と宇蔵(芦屋雁之助)が痘瘡を患ったフリをして湯治場へ潜入したちょうどその時、冬木は守口らの企みを暴き、急ぎ神尾に報告。しかし神尾に殺されてしまう。この事件の黒幕こそ、奉行である神尾本人だったのだ。更には、妻の八重までもが殺され口を封じられてしまった。お艶たちは恨みを晴らすため、神尾一味と黄金屋の命を狙う。

冒頭お艶が倒れこむシーン。眠るお艶が見た夢は、第5話、第6話での殺し。殺しの業は眠っていても付きまとう。さて、今回のお話は、金脈を偶然見つけた農民・甚五郎が江戸の黄金屋に鑑定を持ちかけたところ本物と判明。その金脈を独り占めして利益を得んとする黄金屋と甲府金山の役人たちの悪巧み。甚五郎は消され、隠し金山を掘るにあたり周辺に住民を侵入させないよう、黄金屋が痘瘡を患ったフリをして辺り一帯を立ち入り禁止にし、安全に金を採掘しようというわけだが、そこには隠し目付がいて……というもの。

お艶と宇蔵が「本物の痘瘡患者」夫婦を装い潜入するのだが、これには黄金屋のほうが驚きを隠せない。お艶にしてみれば、仕事を果たしつつ、疲れた体を癒すことがでるのでまさに一石二鳥ということか。分解式の仕込み三味線はこういった潜入時にも役立つようだ。目付の冬木、剣の腕前は素晴らしく、守口の配下や黄金屋の番頭などバッタバッタと斬り倒していくのだが、奉行に不意打ちを喰らって憤死。まさか奉行が一枚噛んでいたとは見抜けなかった。

目付役は中村孝雄。悪役を演じることが多い俳優だが、今回は善人役を演じている。

甲州犬目峠」

f:id:masayan1979:20151130202221j:plain

難所の急坂犬目峠。この作品では、先を行く2人の内後ろを歩くのが甚五郎、後から馬と一緒に歩いてくるのが黄金屋幸兵衛と番頭の二人組、という設定で作られている。

脚本 松原佳成
監督 高坂光幸

必殺からくり人 富嶽百景殺し旅 DVD-BOX

必殺からくり人 富嶽百景殺し旅 DVD-BOX

広告を非表示にする