読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマとアニメの感想文

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

眠狂四郎 円月殺法 第5話「武士道残酷多情剣 -藤沢の巻-」

藤沢宿を治める山中藩藩主・長久保忠宗(遠藤征慈)は、剣の腕は立つものの人を斬ることを何とも思わず、外道の所業で領民を震え上がらせていた。その忠宗に意見した小泉又八(草川祐馬)は即座に切腹の沙汰を言い渡されるが、女を知らぬ身で死にゆく又八を哀れんだ義理の姉・とき(片桐夕子)は、不義と知りつつも体を許してしまう。

愛欲に溺れる二人。だが切腹の沙汰は取りやめとなり、又八は生き延びることとなった。不義の事実を消し去るため、狂四郎(片岡孝夫)に又八殺しを依頼するときであったが、忠宗は再びの又八による忠言に逆上し、小泉家に連なる者すべての斬殺を命じる。小泉家は藩士によって襲撃され、ときと又八は命からがら藤沢の宿へと逃げ込む。そこは、狂四郎とお蘭(松尾嘉代)が泊まる宿でもあった。

ときは又八を殺すよう依頼した女。しかし、逃亡の身となった今、二人は肉欲を越えた真摯な愛で繋がっていた。その二人を冷酷無残に殺す忠宗。怒りの円月殺法が忠宗を斬る。

藩主と言う身分でありながら、横暴の限りを尽くし人を斬り殺しまくる忠宗。剣の腕前も凄まじく、改革派の藩士たち数名をあっという間に斬殺するほど。狂四郎も、忠宗の暴挙に「まともではない」と漏らす。その忠宗に意見をした又八。自分の馬の道を遮った子供を斬り殺そうとした忠宗を諌めたのが災いし切腹の沙汰が下るも、その後忠宗が改めて子供を斬り殺したと知り逆上。無駄死にはするまいともがくが、その想いが天に通じたか切腹は免れる。しかし、その代償として小泉家は役職から解かれ藩内で干される状態に。

義弟を誘惑し体を預けたとき。不義を働くことによる罪悪感と背徳感、さらに行為の最中又八が密かに想いを寄せていたことを聞いてしまい肉欲を熱く燃え上がらせてしまう。ところが切腹の沙汰が取りやめとなってしまい、気まずくなったときは、都田水心が雇った婆羅門の暗殺術を使う破戒僧を瞬時に倒す狂四郎に又八殺しを依頼する。しかし、ときの真の目的を一瞬で看破する狂四郎は凄い。

小泉家すべてが斬殺され、ときと又八は逃亡するも、狂四郎とお蘭が泊まる宿に4人で篭城する形となる。二人の愛が真実にまで昇華したことを確認した狂四郎は加勢するが、お蘭の奮闘も虚しく忠宗によって無残に殺されてしまう。怒り心頭の狂四郎。襲い掛かる藩士を一太刀で片付け、忠宗は円月殺法で一撃。今回、円月殺法の構えを取るときの演出が非常に凝っていて美しい。

今回では、無想正宗を鍛冶屋に預ける場面が登場。鍛冶屋の主が無想正宗を「女」と称し、更に「白刃の細やかさ、血で化粧されたようなもの。まさに魔剣」と評せば、狂四郎も「魔剣と承知。女であれば、お互い惚れあっているのだろう」と返す。

キャスト

眠狂四郎片岡孝夫都田水心:岸部シロー調所笑左衛門:安部徹

とき:片桐夕子長久保忠宗:遠藤征慈/小泉又八:草川祐馬/小泉弥一郎:大木悟郎/おたね:人見ゆかり/和兵衛:北見唯一/古川:滝譲二/岡島:美鷹健児/侍者:松尾勝人/諸木淳郎/伊藤克美/布目真爾/長坂保/

お蘭:松尾嘉代

スタッフ

企画 神山安平テレビ東京)/大塚貞夫(歌舞伎座テレビ)
プロデューサー 犬飼佳春(テレビ東京)/小久保章一郎、沢克純(歌舞伎座テレビ)
原作 柴田錬三郎眠狂四郎孤剣五十三次」より(新潮文庫版)
脚本 和久田正明
音楽 岩代浩一
撮影 藤井哲矢
美術 太田誠一
制作主任 黒田満重
照明 南所登
録音 田原重鋼
調音 本田文人
編集 河合勝巳
装飾 玉井憲一
記録 川島庸子
装置 松野喜代春
進行 大志万宗久
助監督 木下芳幸
殺陣 楠本栄一
特技 宍戸大全
ロケ協力 大覚寺
装置 新映美術工芸
床山・結髪 八木かつら
衣装 松竹衣装
小道具 高津商会
現像 東洋現像所
ナレーター 佐藤慶
制作協力 京都映画株式会社
プロデューサー 佐々木康之
監督 皆元洋之助
製作 テレビ東京歌舞伎座テレビ

次回予告

苦界に身を堕としている姉を救おうと、狂四郎に罠を仕掛ける妹。貧しい娘の幸せを願う心を利用する薩摩の一党。幸せとは、借金も無く、親兄弟が一緒に仲良く暮らすことと言って妹は死んだ。「冥途の土産に、円月殺法ご覧にいれよう」

眠狂四郎~円月殺法~ DVD-BOX

眠狂四郎~円月殺法~ DVD-BOX

眠狂四郎~円月殺法~ 第三巻 [DVD]

眠狂四郎~円月殺法~ 第三巻 [DVD]

広告を非表示にする