E.blog

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

必殺仕事人V旋風編 第14話「主水、大奥の鶴を食べて失業する」(終)

百軒長屋のゴミ捨て場から鶴の死体が発見された。おりん(桃山みつる)と千代松(遠藤太津朗)は、銀平(出門英)にさばいてもらって長屋の皆さんへ御裾分け。主水(藤田まこと)も肉を貰って見て見ぬ振り。翌日、吹上奉行目付・山口俊助(本郷直樹)と南町奉行所町会所付与力・金丸治平(柳原久仁夫)が奉行所に現れ、吹上御苑から逃げ出した御台所寵愛の丹頂鶴・ユキシロの探索を命じた。方角から推理すると、石川島界隈に逃げ出した模様。ゴミ捨て場で死んでいて鶴は、大奥の鶴だったのだ。

大奥女中・滝山(舟倉由佑子)が政(村上弘明)のところへやってきた。ユキシロの世話をしており、探しているのだという。百軒長屋へやってきた二人だが、その百軒長屋では、鶴が死んだのを鷹の仕業に見せかけようとしたおりんと千代松の偽装が失敗。二人は長屋から逃げ出し、百軒長屋の住人は奉行所に捕縛されてしまう。その様子を見ていた銀平だったが、鶴は首を折られてすでに死んでおり、その肉を住人が食べたくらいでどうして捕縛されるのかと疑問。そして、その様子に憤りを感じた滝山と政だったが、帰り道で侍二人に襲われる。銀平によって助けられるが、その侍は山口と金丸の二人だった。この二人、百軒長屋を舞台に何かを企んでいる様子。

捕縛された住人の罰金は十貫文。しかし低所得者が集まる長屋だけにほとんどの住人はお金が無い。そこへ金丸が助け舟を出す。貸金業を営む手代・武助(中島俊一)が、一年間の分割返済、利息は三分で、罰金の十貫文を住人に貸し付けると言うのだ。お玉(かとうかずこ)の忠告も聞かず、公的な後ろ盾もあることから、借金に応じる住人たち。長屋の住人ばかりが狙われていることに疑問を抱く順之助(ひかる一平)。山口と金丸を見張る銀平と政は、屋形船で武助、そして土地売買を生業にする戸吹屋(徳田興人)の4人が密談を交わす現場に遭遇。百軒長屋の土地を他の用途に転売し、大きな利益を得ようと言うのが今回の狙いだったのだ。侍に襲われて以来、政と滝山は同棲中。しかし、政は滝山に城へ帰るよう促す。滝山は山口と惚れ合っている仲だが、政は山口が滝山の命を狙っていることを口にもできず、「誰も信じちゃいけねえよ」とだけ釘を刺す。それでも、山口の事を忘れられない滝山。

百軒長屋からは、借用証文を盾に住人が続々と退去。わずかに残った家も、戸吹屋の強硬手段によって破壊され、お玉も途方に暮れる。百軒長屋の家々が次々と取り壊されていく様を笑みを浮かべて見つめる山口ら3人。滝山も百軒長屋に来ており、この事態を山口に詰め寄るも、逆に脇差で刺されてしまう。滝山を助けた政は銀平のサポートで何とか脱出するも、滝山は致命傷を負い瀕死。滝山に惚れた政は何とかして助けたいと思い、預かった仕事料で山口たちを始末することに。

夜になり、政たちを炙りだすため百軒長屋に火がつけられた。燃え盛る火の中、標的を始末していく仕事人。しかし、百軒長屋から脱出する最中、順之助の火薬袋に火が燃え移り、順之助は爆死してしまう。それを助けようとした銀平も爆風に巻き込まれ、政の尽力も虚しく大川へと流れていった。

「今回の仕事は高くつきやがった……」主水はそう呟くことしかできなかった。

全体的に迷走感が漂っていた旋風編も、いよいよ最終回を迎えることとなった。今回の悪人たちの標的は「百軒長屋」であり、今作の舞台そのものがターゲットとなっている。その顛末は、長屋自体が火災にて焼失、今作で復帰および加入した仲間3人のうち2人が死亡という、作品世界そのものを葬ろうとする意図が少なからず見え隠れするような展開となっている。

大奥の鶴失踪事件を発端に、百軒長屋の住人が退去せざるを得ないレールが悪人によって敷かれ、何も知らずに乗っかっていく住人たち。第1話でも、口入屋が住人たちを雇用し、そのあとに博打などで借金を作らせて退去を迫る、と言う展開があったが、今回はついに百軒長屋そのものを手中に収めようとする企みにまで発展。これが幕府の福祉政策の末路だというのだから、銀平が言う「お上のすることなんざこんなもんよ」の言葉が虚しく当てはまる。

最終回らしい怒涛の結末は、燃え盛る百軒長屋の殺しのシーンで展開される。いつものように標的を始末した仕事人たちに、悪人たちの追手が迫る。順之助と銀平は、ギリギリのところで脱出用の船に乗り込むが、順之助が腰からぶらさげている、バズーカ砲に使用するための火薬に火が引火してしまう。その火を消そうと川へ飛び込む順之助だが間に合わず、水中で大爆発。順之助は水中で爆死したものと見られ、銀平は流されているところを政が救助するが、すでに瀕死の状態であり救助には至らず流されていった。

これらの様子を、ただただ立ち尽くして見つめるしかなかった主水。彼が『必殺仕事人III』で仲間に引き入れ、息子のように可愛がっていた順之助の死、そして、政は目の前で大川に流されていった銀平の死がトラウマとなり、次作の『必殺仕事人V風雲竜虎編』までの一年間、2人は裏稼業から足を洗うこととなる*1

スタッフ

脚本 吉田剛
監督 松野宏軌

必殺仕事人V 旋風編 DVD-BOX

必殺仕事人V 旋風編 DVD-BOX

必殺仕事人V旋風編 VOL.4 [DVD]

必殺仕事人V旋風編 VOL.4 [DVD]

*1:放送自体は翌週に放送されている

広告を非表示にする