E.blog

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

必殺仕事人V旋風編 第12話「主水、ネズミ捕りにかかる」

江戸で人気の雲州斎可楽一座。政(村上弘明)とお玉(かとうかずこ)は評判に釣られて舞台を見ることに。舞台の上では、今日が初舞台のおしん(牛原千恵)が、怯えながらも手裏剣の的に。しかし、恐ろしさと恥ずかしさから思わず泣き出してしまう。その顔を見て、はっと思い出す政。おしんこそ、過去に自分が仕置きした悪人の娘だったのだ。

百軒長屋では、駒吉(上野秀年)とおちか(鈴川法子)が夫婦喧嘩。どうやらおちかが浮気をしているらしい。そのおちかは、雲州斎可楽(島田順司)が仕切る裏の舞台で金を稼いでいた。金持ちの商人たちに矢を射らせ、当たった的の番号の女性をあてがう売春行為。しかし、貰った手当があまり少ないため、おちかは可楽にいちゃもんをつけたところ、反対に殺され埋められてしまう。

一方、おしんを気にかける政。「何かあったら、俺のところに来い」と金を与え居場所まで教えてしまう。その様子を見たお玉は主水(藤田まこと)に相談。二人して政に問いただすと、政は過去を告白。「父親が生きていれば、もっとまともな生き方が出来たはず」と後悔する政に、主水は「甘っちょろいことを言ってたら、俺たちの稼業は務まらねえぞ」と釘を刺し、お玉に政を見張るよう指示する。

売春的当ての標的がおしんに決まった。ところが、おしんは出会い茶屋を抜け出し政のところへ逃げ込んでくる。遠くへ逃げるために政を誘うおしんであったが、何と政に罠を掛けて命を狙うのだった。おしんは初めて会ったときから政を殺し屋だと看破しており、親の仇を討つ機会を狙っていたのだ。政は自分の過ちを受け入れ命を捨てる覚悟をしたが、間一髪主水によって助けられる。そして、おしんを殺そうとするのだが、仏心を出して助けようとする。その直後、雲州斎可楽一座の一人が投げた手裏剣によって命を落とすおしん。自分たちの裏の商売を知っているおしんの口を封じたのだ。

後日、瀕死のおしんからおちかが埋められた場所を知った主水は、駒吉立会いのもと遺体を掘り返す。駒吉からの依頼で、可楽一味を始末する主水たち。

政の過去と殺し屋の業が絡むお話。政の過去については、「ワープロ」で一度語られており今回で二度目。悪事の趣向として「売春的得て」が登場しているが、仕組みとしては、『必殺からくり人富嶽百景殺し旅』2話「隠田の水車」の“亀のレース”や、『新必殺仕舞人』11話「化け猫騒ぎはのんのこ節」の“猫のくじ”に類似したものと言える。

どう考えても被害者だと思われていたおしんが、始まって約35分が経過して、いきなり政に刃を向けるどんでん返しには誰もが驚くところ。しかし、見世物小屋に入ってきた瞬間から、政を殺し屋と看破するおしんの洞察力は凄い。

仕事料を分配するシーンでは、繁華街に散らばっている仕事人のところへお玉が金を配りに行く演出。そして、百軒長屋の詰所では醤油に漬けた餅を焼く主水の姿。『助け人走る』にゲスト出演した際に、自身番で縄をかけた平内に語りかけるシーンを彷彿としていて良い。

殺しのシーン。政が手槍を回す「ジャリジャリーン」が今回初登場。猛ダッシュで悪人に向かっていく必死な政は久しぶり。

スタッフ

脚本 保利吉紀
監督 松野宏軌

必殺仕事人V 旋風編 DVD-BOX

必殺仕事人V 旋風編 DVD-BOX

必殺仕事人V旋風編 VOL.4 [DVD]

必殺仕事人V旋風編 VOL.4 [DVD]

広告を非表示にする