E.blog

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

必殺仕事人V旋風編 第4話「せん、りつ、カチンカチン体操をする」

奉行所の健康診断で肥満度が増した主水(藤田まこと)。せん(菅井きん)、りつ(白木万理)も贅肉を落とす方法を思案する毎日。

銀平(出門英)のもとに手紙が届く。手紙の主はおたき(山本ゆか里)。武蔵国日の坂村の総代・青木田右衛門(水上保広)の妻で、昔銀平が日の坂村に住んでいた頃に惚れあった仲の女だ。手紙には、関八州取締出役の黒岩忠継(上野山功一)による横暴と、日の坂村の現状、そして夫・田右衛門が捕らわれの身になっていることが書かれていた。銀平は主水を呼び出し、日の坂村へ行くことを嘆願。「これは裏の仕事じゃねえんだ」と言う銀平に警戒する主水は、政(村上弘明)に見張らせる。その晩、一瞬の隙を突いて政の見張りから逃れる銀平だが、政に見つかり一触即発。しかし、政は銀平の覚悟を優先させた。

日の坂村に到着した銀平だったが、おたきの手紙に書かれていた以上の横暴がまかり通っていた。どうやら、名主の七兵衛(西園寺章雄)、岡っ引きの源蔵(重久剛一)もグルの様子。隠し米で私服を肥やす悪人たち。おたきに会うため田右衛門の屋敷へ向かった銀平は、おたきと合流。田右衛門は既に死亡しており、銀平はおたきと共に逃亡。幾度かのピンチも政の助けがあり潜り抜けては来たものの、遂におたきは死亡。

おたきの依頼を受け、今回の事件の黒幕である殿村主記(田端猛雄)を始めとした悪人一味を仕置きする主水たち。

銀平主役編&過去編。政との対決などもあり、なかなか見所は多い。政の義理堅い部分も目立つ。そして、この頃から主水の出番が少しずつ少なくなっていく。

銀平とおたきの逃避行で挿入歌。歌詞も、逃げる二人に合わせたかのような見事なマッチングなのだが、いかんせんこの場面自体がちょっと長すぎる。これで時間を持たせているような感があって残念。

仕置シーン、順之助のバズーカが殿村の屋敷の正門を直撃。慌てふためく配下の侍。その混乱に乗じて潜入すると言うなかなか面白い発想。既に暗殺の領域は越えてしまっているが。順之助は殺しも担当しており、源蔵をバズーカで貫通。絶命の表情の背後で大きな爆発、と言うのがパターンとなってきたか。派手な爆発の演出や、弾丸が貫通した後の悪人の表情など、毎回見るのが楽しみになってきた。一方、政の殺しは、傍にいる侍に気取られないように七兵衛を始末する凝った演出。松野監督の手腕が光る。主水の殺しに至っては、悪人に投げかける言葉すら無く刀を突き刺して去っていくのみ。後期にしては珍しい、少々ストイックなもの。

百軒長屋のシーンでは、芋を食べていたりうどんを食べていたりと、仕置屋稼業のアジトのような生活観が出ていたのが特徴だったように思う。ラストのせんりつコントでは、当時流行していたカチンカチン体操をせんりつが実演。うつみ宮土理が考案したもので、痩せたい部分の筋肉を意図的に硬直させることにより、その部分が集中的に鍛えられてシェイプアップできるというもの。

うつみ宮土理の新カチンカチン体操

うつみ宮土理の新カチンカチン体操

スタッフ

脚本 中原朗
監督 松野宏軌

必殺仕事人V 旋風編 DVD-BOX

必殺仕事人V 旋風編 DVD-BOX

必殺仕事人V旋風編 VOL.2 [DVD]

必殺仕事人V旋風編 VOL.2 [DVD]

広告を非表示にする