ドラマとアニメの感想文

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

必殺橋掛人 第9話「柴又帝釈天のトラを探ります」

柳次(津川雅彦)はお紺(高部知子)が懐妊の兆し有りで有頂天。さて今回の仕事は柴又帝釈天。浮かび上がったのは「虎」の文字。柳次が調べに入ると、帝釈天の虎(永田光男)と言われる親分が縁日を仕切っていたが、今では虎の長女・おちか(風祭ゆき)のもとへ婿入りした佐吉改め政五郎(遠藤征慈)が幅を利かせ、ヤクザまがいの恫喝を加える阿漕な仕打ち。虎の親分は塩川へ湯治に向かい、そのまま急死したらしい。しかし柳次が塩川で調べると、虎は元気に江戸へ帰って行ったとのこと。この矛盾を確かめるべく、松(斉藤清六)と おくら(萬田久子)は渡世人となって政五郎一家へ潜入する。

一方、新吉(宅麻伸)はいつも鳥を卸しているおはつ(岡幸恵)に虎の事を聞くもはぐらかされる。しかし、おくら達と一緒に草鞋を脱いだ吉蔵(下元年世)は虎と懇意であったことから、おはつを虎の娘だと看破。逃げるおはつを追いかけるが、おはつの家には目を潰され監禁状態の虎が。その様子を見てしまった吉蔵は政五郎によって殺されてしまう。

政五郎は虎から柴又帝釈天の権利書の在り処を聞き出そうとしていた。権利書を手に入れ、十手を金で買いやりたい放題を企む政五郎。虎はおちかの口車に騙されておはつを勘当してしまったが、こうして面倒を見てくれるおはつに心底感謝するのだった。

癇癪を起こした政五郎は、おはつを犯し権利書の在り処を虎から吐かせる。その晩、おはつの家におちかがやって来る。改心し政五郎のもとから逃げてきた、と言うおちかは虎と一緒に逃げるが、その先には政五郎の手下が。目の前で実の親と妹を殺すよう命じるおちか。後から追ってきた新吉に橋掛人への頼み料を渡し絶命する。政五郎は権利書のおかげで「二代目・帝釈天の虎」を襲名。十手御用の許可も授かり万々歳だが、その襲名の日の夜に悪党の命を狙う橋掛人たちであった。

またまた「虎」。「この間は天満の寅で、今回は帝釈天の虎……今年は虎が強いんだな」と松が劇中で独り言を発するように、この年(1985年)は阪神タイガースが絶好調だったのでした。しかしタイガースが絶好調なのと必殺が絶好調なのは必ずしも比例しないわけで。ちなみに、今回は柳次が序盤に集中的に登場した以降、ほとんど出演していない。しかも、お紺の妊娠も想像妊娠でパアと散々である。

そして、ぼんちおさむ扮する伊太郎が今回から登場。冒頭でいきなり斉藤清六との熱々キスシーン(マウスtoマウス)を披露してくれました。

スタッフ

脚本 篠崎好
監督 黒田義之

必殺橋掛人 DVD-BOX

必殺橋掛人 DVD-BOX

必殺橋掛人 VOL.3 [DVD]

必殺橋掛人 VOL.3 [DVD]

広告を非表示にする