読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマとアニメの感想文

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

必殺橋掛人 第6話「本所の七不思議を探ります」

今回の仕事は本所。「清」の文字が浮かぶが、はっきり浮かばない。多助はこの文字を書き込むときに、何か躊躇ったのだろうか。さて、巷では子供を塾へ通わせるのがブーム。中でも評判の「姉小路塾」はテキスト代金一分、月謝が一両という高級塾。オーナーの姉小路(谷口香)は、姿こそ見せないがさる高貴なお方で絶世の美女らしい。そこに惹かれた柳次(津川雅彦)は早速調査へ向かうも、塾頭の生田(大竹修造)に門前払いを喰らう。

ある日、元締のお光(西崎みどり)は幼馴染のお久(徳永まゆみ)と再会。子供一人を抱え絵草子屋を営んでいるが、どうも様子がおかしい。お久の子供も姉小路塾へ通っているのだが、姉小路塾にテキストを下ろしている版元の長兵衛(黒部進)が頻繁に訪れる。姉小路塾は、塾生の母親の中から美形を選び「美容薬」と偽った麻薬を与え、その見返りとして売春を強要する裏稼業を行っていたのだ。そしてお久も、そんな麻薬中毒者の一人だった。

松(斉藤清六)とおくら(萬田久子)も姉小路塾を調べていたが、そこで姉小路の本名が「お清」と判明する。その名前を聞いて狼狽するお光。「お清」とはお光の母親の名前と同じだったのだ。お光は独自で姉小路の過去を探る。ある村では庄屋と心中し、ある町では薬種問屋の主人と不倫の末に心中をしていたが、死体が上がったのはいずれも男のみ。お清は各地で身代わり心中を繰り返しながら富豪の財産を奪い、江戸へとやって来た悪女だったのだ。

姉小路塾へ一人向かうお光。お清と対面し本当の事を聞くも、「お前は実の娘なんかじゃない。多助という哀れな男が、お前を抱いて一人で暮らしていたから、仏心を出して一緒に暮らしてやっただけさ」と言い放つ。しかし、お清はその後「どうせ、ウソで固めて生きてきた私さ」と一人つぶやく。

母親を始末しなければならず、お光の表情は曇る。柳次はそんなお光を見て、優しく言葉を掛けてやるのだった。

お光主役編。実母であると見て間違いないお清を始末しなければならない辛さをかもし出す演技が光る。お清の過去は、至るところで心中事件を繰り返し、富を増やしながら江戸へ流れ着いたもの。必殺からくり人の大蔵屋(岡田英次)を匂わせるエピソードだ。

実母を仕掛けなければならないお光に、「この世の中で女一人が生きていく……とてつもない現実が、あの女を襲ったんだろうよ」と慰める柳次の優しさが生きる。

スタッフ

脚本 林千代
監督 松野宏軌

必殺橋掛人 DVD-BOX

必殺橋掛人 DVD-BOX

必殺橋掛人 VOL.2 [DVD]

必殺橋掛人 VOL.2 [DVD]

広告を非表示にする