E.blog

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

必殺橋掛人 第4話「小伝馬町の怪奇牢を探ります」

今回の仕事は小伝馬町。江戸地図には「牢」の文字が浮かび上がる。小伝馬町の牢屋では、囚人が虫けらのように殺されていた。

それと同じくして、江戸の大店の主が次々と殺される事件が発生。殺しの手口が柳次(津川雅彦)に酷似していたことから、新吉(宅麻伸)は柳次を疑い始める。そのことを問いただされた柳次は、自分に殺しの手口を教えてくれた元締・鬼火の重蔵(戸浦六宏)のことを考えていた。しかし重蔵は、自分をかばって奉行所に捕まり打ち首になったはず。

一方、柳次と今回の残忍な殺しの共通点を探るため、おくら(万田久子)と相談の末、新吉が牢屋に入ることとなった。牢屋で洗礼を受けたその夜、新吉は命を狙われる。死んだフリをした新吉は何とか難を逃れたが、殺そうとした男2人がその夜牢を抜け出した。同じ囚人から事情を聞く新吉。あの2人は牢名主で牢屋内を牛耳っている。そして、逆らおうものなら、否応無く消されてしまうというのだ。そして新吉は、その囚人から多助への頼みを聞く。早くあの2人を消してくれ、と。

その2人こそ、柳次の殺しの師匠である重蔵とその配下であった。重蔵は牢屋同心の高梨(上野山功一)を金で買収し、自由に牢屋の内外を行き来できるようにしているのだ。そして、夜に抜け出したときには、押し込みまがいの殺しを行い商家から金品を奪っていた。

重蔵が抜け出した夜、柳次は妻と娘を連れて夜祭に来ていた。そこで、柳次は重蔵を目撃する。生きている重蔵の姿に驚くが、外道と成り果てた重蔵に失望。重蔵の誘いに返事を保留し、その場は別れた。重蔵は妻と娘の命の保障を盾に仲間になることを強要。仲間に相談が出来ない柳次は、新吉たちとの溝をますます深めるのだが、柳次は自衛策として妻と娘を旅に出すことにする。

仕事の段取りのため、アジトに集まる橋掛人たち。しかし頼み料がない。その時柳次が現れた。柳次は、重蔵がどんな男であるかを皆に話した上で仕事料を分配。改めて重蔵の仕置きを依頼するのだった。

柳次の過去編。相手が戸浦六宏というのもナイスキャスティング。第1作目の『必殺仕掛人』から悪役として登場している大御所ゆえ、作品にも緊張感があって良い。

牢屋を自由に出入りできる悪人。それも、主役である柳次の師匠なのだから驚き。『必殺仕置人』の天神の小六の外道バージョンとも言えるか。捕まった殺し屋が役人を丸め込み外道働きを行い私腹を肥やす、あるいは権力者に利用される、というのはこのシリーズでよく登場するパターンではあるけれども、それを主役の柳次の師匠に当てはめてくるあたりが憎い。

アジトで柳次が重蔵のことを独白するシーン。柳次は、奉行所の取り締まりから身を挺して庇ってくれた重蔵に対して恩義を感じていた。自分の殺しの師匠であり、心の師匠でもあった男を始末しなければならない。この独白に、仲間が「えっ」と驚く顔を見せるのだが、中でも柳次が事情を話しているときの松の表情が本当に良い。その場面に適している、何とも言えないような表情をしている。多分、斉藤清六は何も考えていないんだろうけど(笑)。

次に、柳次と重蔵の対決シーン。柳次の殺しは、はっきり言って地味。しかも手順が色々あって、まず反物を転がしてその上を歩いて相手に近づき、死角で待機して金糸を取り出す……こんな地味な殺し技の仕事師同士の対決を、どのように演出するんだろう、と楽しみにしていたのだけれど、なかなか工夫されていて、迫力のある形で演出されていたのには驚きだった。むしろ重蔵のほうが情けなかったくらいだ。

後半になると、相手が元・殺し屋や忍者集団であるなど手練の悪人が多く登場してくる。アクションシーンが重要になる回を担当する監督たち(松野宏軌、黒田義之など)も、柳次の殺しにはこだわりを持って臨んでいる。

スタッフ

脚本 中原朗
監督 津島勝

必殺橋掛人 DVD-BOX

必殺橋掛人 DVD-BOX

必殺橋掛人 VOL.2 [DVD]

必殺橋掛人 VOL.2 [DVD]

広告を非表示にする