読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマとアニメの感想文

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

必殺まっしぐら! 第12話「相手は江戸の大魔王」(終)

必殺シリーズ 必殺まっしぐら! 時代劇

脚本:中原朗 監督:水川淳三 ゲスト:八名信夫 丹古母鬼馬二

元締・宗右衛門(睦五朗)が自分の命を狙う向島仁十郎(藤岡重慶)と通じていることを知った秀(三田村邦彦)。自分に襲いかかる刺客に、あれほど身に覚えが無いと言い張ってきた宗右衛門だが、これは一体どういうことなのか。秀は何もかもが信じられなくなりかけていた。

江戸の裏社会を賭けた宗右衛門と仁十郎のパワーゲームは、宗右衛門に軍配が上がろうとしていた。しかし、諦めきれない仁十郎は、宗右衛門が提案した「秀に仁十郎の命を狙わせる」という条件を受けて立ち最後の攻勢をかける。秀を追い詰める仁十郎配下の仕事人たち。一方で、秀に仁十郎始末の依頼をする宗右衛門。

秀にはもう一つ気がかりな事が。恋人である若紫(菅原昌子)を、花魁にして身請けするという大尽が現れたのだ。秀の仕事料などでは到底届かない程の高額な身請料らしい。秀は若紫を必ず迎えに来ると約束しその場を去る。

綾麻呂(笑福亭鶴瓶)が秀の仕事を手伝うと言ってきた。しかし、秀は綾麻呂の事を、仁十郎への内通者だと疑うような発言をしてしまう。二人の信頼に亀裂が走る。更には、秀の仲間たちのところにも仁十郎の手が。お銀(秋野暢子)と東吉(西郷輝彦)のところには弥平次(八名信夫)が、綾麻呂のところには小鉄(丹古母鬼馬二)が、それぞれ「秀には係わるな」と釘を刺しに来る。東吉は、弥平次を見て「相手は向島の仁十郎だ」と看破する。

宗右衛門から「隠れ家を用意するからそこへ行け」と指示される秀。さぶ(大沢樹生)が向かうと弥平次たちが待ち伏せていた。さぶはリンチを加えられ、人質として秀をおびき出す道具にされてしまう。おびき出すための手紙を見たお銀は、秀の相手が仁十郎であることに気付き、和解した綾麻呂と共に助っ人に向かう。それは東吉も同じであった。

鉄砲州での決戦でさぶを救出し、遂に仁十郎を倒す秀。しかし、仁十郎が今わの際に漏らした真相を聞いた秀は、慌てて吉原へと向かう。若紫が上がった座敷には宗右衛門の姿があった。「外へ出てもらいましょうか」秀は宗右衛門と対決する。対決の場に駆けつけた綾麻呂、東吉、お銀が宗右衛門の攻撃の前に次々と倒れていく中、秀は遂に宗右衛門を討ち果たす。そして、吉原から若紫を連れ出し、二人は駆け落ちするのだった。

最終回。敵方の仕事人に命を狙われ続け、更にはその敵方の元締と、自分の直属の元締が通じていたことを知ったことで、じょじょに精神的に追い詰められていく秀の姿が見ていて辛い。一番最初に協力を申し出た綾麻呂に対し、つい「内通者がいるらしい」と口を滑らせてしまい、まさか元締が内通者、なんて口が裂けても続きが言えないために誤解の軋轢を生んでしまいますます孤立する秀。しかし、東吉、お銀、そしてお銀の熱心さに心のわだかまりが解けた綾麻呂が自発的に秀を助けに来る件は、秀たちのチームが、いつしか固い絆で結ばれていたことの証とも言えるシーンである。

敵方の仕事人には、八名信夫丹古母鬼馬二を起用。怖すぎる。多分、仁十郎配下の中でも最強の仕事人なんだろうな。特に八名信夫。任侠映画の長ドスを持って、泳いだり走ったりと白髪頭で頑張っている。東吉との対決も非常に迫力があり、一度は東吉を追い詰めるが倒されてしまう。この時、槍が刺さった瞬間を、煽ったアングルで撮影しているのだが、その後絶命までもがく演技が素晴らしい。八名信夫の死にっぷりだけで作品の評価がワンランク上がる気がする。

さていよいよ宗右衛門との対決。花魁になった若紫を身請けした宗右衛門に対し、自分自身の恨みを晴らさんと挑みかかる秀。最初に言及しておかなければならないのは、この作品は元々「スーパーマリオ」を材に企画されたということ。よって、サブタイトルの「江戸の大魔王」とは宗右衛門のことなのだが、この宗右衛門の武器が「とんかち」。つまり「ハンマー」であり、宗右衛門は9-4のクッパなのである*1。上半身裸の宗右衛門が、どこからともなく取り出した無数のハンマーを投げつけることで、近づくことすら出来ない秀。助っ人としてやってきた綾麻呂、東吉、お銀も、宗右衛門のハンマーに次々と倒される中、秀はダッシュジャンプで後ろへ回りこみ、簪で仕留める。その後、よろめきながらも立ち上がる3人。このハンマー、あまり殺傷力は高くない模様。ちなみに、映像の中で宗右衛門が投げたハンマーの数は、44~45本くらい。編集や効果音とのミスマッチでなかなか正確には数えられなかったが。

宗右衛門を倒し仲間たちとの絆を再確認した秀は、吉原から若紫を連れ出し駆け落ち。1967年にアメリカで公開された『卒業』を彷彿とさせるシーンである。大魔王である宗右衛門を倒し、捕らわれの姫であった若紫を助け出す秀の物語はこれでおしまい。

秀がドン底にまで追い詰められ、一人で殻に閉じこもるようになりながらも、若紫を救いたい一心で仁十郎との対決を決意する中、仲間たちが秀を助けに駆けつけてくる件や、その後直属の元締を殺してしまうという、これまでのシリーズには無かった突飛な結末。少なくとも『激闘編』や、この後の『旋風編』『風雲竜虎編』の最終回よりワクワクした。

第1話を見る限り、あまりチームワークは良くなさそうで、その後も限りなくドライな関係のまま、与えられた仕事を遂行してきたように見えるこのチームだが、いつの間にか仲間同士を思いやる、強い結束力を持ったチームとなっていたようだ。よくよく思えば、秀以外のメンバーは情に厚く、人間くさい部分を多く持ち合わせており、ひょっとしたら秀は主水たちと組むよりも、このメンバーで組んでいたほうが良いチームを構築できるのではないか、とさえ思うほどだ。作品全体を見ても、前半部分のグダグダな作品は仕方がないけれど、「ぜいたく女」「乱脈男」「暴力修験者」「大塩平八郎」「暗殺剣」あたりは及第点をクリアしているのではないだろうか。

史実?

天保4年10月31日に起こったこの事件。解決する頃には、既に11月を刻んでおりました。身の回りのことなら、五十文百文の銭勘定まで克明に日記に綴った滝沢馬琴でしたが、この日の吉原の大事件には、なぜか一言も触れず仕舞でした。

必殺まっしぐら!VOL.3 [DVD]

必殺まっしぐら!VOL.3 [DVD]

必殺まっしぐら!(初回限定生産)DVD-BOX

必殺まっしぐら!(初回限定生産)DVD-BOX

*1:若紫は「ピーチ姫」

広告を非表示にする