読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマとアニメの感想文

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

必殺橋掛人 第3話「神田のゆうれい坂を探ります」

今回の仕事は神田春日坂。通称「ゆうれい坂」と呼ばれており、その名前に松(斉藤清六)は弱気に。浮かび上がった文字は「り」。帰り道、おくら(萬田久子)とゆうれい坂を通る松だが、そこには幽霊のような華奢な人間の姿が?松は腰を抜かして熱を出してしまう。

新吉(宅麻伸)が調べてみると、10年前神田春日坂で小間物屋を営んでいた若松屋の女房が主人を殺害し、死罪となった事件があった。幽霊騒ぎも、その時無罪を訴えていた女房が未練を残して出るのだと周辺住人のもっぱらの噂。そんな中、殺人事件のニュースが飛び込んでくる。殺されたのは、日本橋界隈を縄張りとする「般若面の喜平次」と呼ばれる悪徳金貸し。この男に泣かされ自殺した人間は数知れずの悪党。顔を滅多切りにされ人相は分からないが、背中の般若面の刺青が何よりの証として、早速墓に埋められた。しかし「喜平次に会いたい」と言う女が北町奉行所を訪れ、更には墓を暴いて死体を確認。「彫り物が違う……」と一人呟く。

その女・おりん(根本律子)と矢場で知り合った柳次(津川雅彦)は、彼女が本物の喜平次を追っている事を知る。彼女は若松屋夫婦の一人娘で、父を殺害した「般若面の喜平次」を追って自らの体を切り売りしていたのだ。当時事件を担当した北町奉行所吟味方与力・佐久間(西沢利明)に、主人を殺したのは喜平次の仕業だと、容疑者である母と共に必死に訴えたおりんだが、佐久間は全く聞き入れず、結果母は死罪となってしまった。一家をメチャクチャにした喜平次を殺して恨みを晴らしたい。そう願うおりんこそが、今回の頼み人だったのだ。

おりんが探す喜平次と、与力・佐久間は何らかの係わりがあると睨んだ橋掛人。身辺を調べることに。一方、おりんは江戸を出ようとするが、佐久間の配下・三五郎(堀田真三)に捕まってしまい、佐久間の屋敷に連れて行かれる。佐久間はおもむろに上半身を裸に。その背中には、何と般若面の刺青が施されていた!今や北町の影奉行とまで言われる実力者は、実は「般若面の喜平次」だった。その秘密を知ったおりんは、佐久間に殺されてしまう。

知的でダンディー西沢利明が、役人でありながら背中に刺青を背負い悪どい金貸しを行う強烈なキャラクターを演じる。深夜、上半身裸のまま、畳の裏に隠した小判を、笑みを浮かべながら数える表情が不気味。その西沢を足蹴にしながら、金糸を首に絡みつかせる柳次がカッコイイ。金糸を回す時の津川の表情が、物凄く力が入っているので必見。

スタッフ

脚本 篠崎好
監督 松野宏軌

必殺橋掛人 DVD-BOX

必殺橋掛人 DVD-BOX

必殺橋掛人 VOL.1 [DVD]

必殺橋掛人 VOL.1 [DVD]

広告を非表示にする