E.blog

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

必殺まっしぐら! 第1話「秀が帰って来た!」

脚本:篠崎好・中原朗 監督:工藤栄一 ゲスト:辻萬長 牧冬吉

主水たちと別れ、江戸に戻った秀(三田村邦彦)は、表稼業はしがない蕎麦屋の主人でありながら、裏の顔は江戸で一、二を争う裏稼業の元締・神楽坂宗右衛門(睦五郎)配下の仕事人となり裏稼業を続けていた。

元締から秀に仕事が入った。相手は吉原名主総代・丁字屋藤七(辻萬長)だ。奉行(溝田繁)とヤクザ・鉄輪の権造(牧冬吉)と組んで新しい吉原の建設を企み、長屋の住民から多くの恨みを買っている極悪人である。

秀は早速吉原へ潜入。一つは丁字屋藤七の顔を確認すること。もう一つは恋人の遊女見習い・若紫(菅原昌子)に仕事料の前金50両を渡すためである。秀はこの遊女見習いを将来身請けし、共に暮らすつもりでいるのだ。若紫との逢瀬の後、丁字屋藤七を探す秀だがなかなか見つけることが出来ない。そこへ謎の女性がやってきて、秀に耳打ちする。「丁字屋藤七はあそこですよ……」なぜ自分が丁字屋藤七を探していることをこの女は知っているのか。不審に思った秀は、女の帰り道に得物の簪で襲い掛かる。女は小太刀で応戦。女は秀のことを知っており、名を桂馬のお銀(秋野暢子)と名乗った。その正体は仕事人で、神楽坂宗右衛門が秀に送った助っ人だったのだ。だが秀はプライドの高さから助っ人を断った。

ある夜、秀は丁字屋藤七を一人で狙うが、謎の男に邪魔をされる。槍を使うその男に襲い掛かるが、寸でのところで逃げられてしまった。その後も、敵対する仕事人組織・向島仁十郎(藤岡重慶)一派の仕事人に命を狙われたりと散々な目に遭い、苛立ちが募っていく。

そんな時、桂馬のお銀から繋ぎが来る。「今夜五つ、八幡様の境内へ」境内でお銀と落ち合うも、一人で仕事をしようと心に決めている秀はイマイチ乗り気ではない。そこへ、お銀の昔の恋人であり、仕事人である高天原綾麻呂(笑福亭鶴瓶)がやってくる。以前、自殺をしようとしているのを秀が止めたところ、逆に集ってきた男だ。綾麻呂も秀と組んで仕事をしたいと申し出るが、集りを働くような人間と仕事は出来ないとはっきり断る。綾麻呂は秀に「あれはワテの病気なんや」と侘びを入れた後、頭を下げて頼み込む。「長屋の連中が丁字屋の差し金で権造一家に斬られてんのを傍で見てたら……俺かて人の子や。……血が騒ぐんや。一緒に組ましてくれ」仕事に対する自らの感情を話す綾麻呂の真剣な眼差しに秀はしぶしぶ承諾する。

その時、男の声がした。「その仕事、俺にもやらせてくれよ」。現れたのは、以前秀の仕事の邪魔をした謎の男だった。香車東吉(西郷輝彦)と名乗るその男に、秀は「いずれケリを付けてやるぜ」とご挨拶。仕事料の分配と共に、新たな仕事人チームが発足した。

標的を狙う日取りは新吉原着工日。住民の暴動に紛れての仕事が始まる。

仕事人シリーズの人気キャラクターである「飾り職の秀*1」を主役に据えた作品で、『必殺仕切人』での三味線屋勇次に続く、仕事人シリーズからのスピンオフ作品である。

前作の『必殺仕事人V激闘編』に続き、今作においても元締が仕事を請け負うスタイルを取っており、秀の懐にも数十両といった多額の仕事料が入るようになっている。今作での秀は、元締の配下として仕事を行ってはいるものの、仕事人シリーズの頃のクールな印象とは少し違う、まるで『必殺仕事人』に初登場したときのような、すぐに“熱くなる”一匹狼的な性格として描かれている。若干の若返りといった感もあるが、その背景には、秀と相思相愛の遊女見習い・若紫の存在が挙げられる。今作の秀は、この若紫を吉原から身請けするためにお金を貯めている、という設定が存在し、仕事のたびに多額の仕事料のほとんどを若紫に預けるという、若者同士のロマンスも描かれているのだ。

秀たちの仕事の舞台は、江戸だけではない。名古屋、長崎、徳島、京と日本全国を駆け巡る。後期非主水シリーズでは、『新必殺からくり人』から受け継がれてきた“旅モノ”のシリーズが製作されているが、『必殺渡し人』『必殺仕切人』『必殺橋掛人』では江戸を舞台としており、旅モノの製作は一時中断した。しかし、今作では久々に旅モノを復活させ、秀たちは仕事が入るたびに、どれだけ遠い場所であっても、殺しを遂行しなければならなくなった。それだけに、仕事料も高いのだろう。

目的地への旅の道中で、秀にさまざまな刺客が襲い掛かる。秀が属する元締・神楽坂宗右衛門と、殺しの世界で凌ぎを削るもう一人の元締・向島仁十郎の配下の仕事人たちだ。この刺客たちとのアクションと殺し合いもアクセントになっており、企画当初の「必殺仕事人アクション編」の名残、そして「どうして秀は毎回狙われるのか?」という物語の伏線を意味する。最終回へ向けた仕掛けの一つとなっている。

秀の周辺に様々な仕掛けが張り巡らされる中、秀は新たなメンバーとチームを結成する。しかし、秀は彼らを信頼していない。仕事人シリーズの安心感とは正反対の、脆さを感じさせるこの関係性が、今後どうなっていくのかにも注目したい。

必殺まっしぐら!(初回限定生産)DVD-BOX

必殺まっしぐら!(初回限定生産)DVD-BOX

必殺まっしぐら!VOL.1 [DVD]

必殺まっしぐら!VOL.1 [DVD]

*1:劇中では「簪の秀」と紹介されている。

広告を非表示にする