ドラマとアニメの感想文

主にテレビドラマや時代劇、アニメの感想文を書いているブログです。

無敵鋼人ダイターン3 第2話「コマンダー・ネロスの挑戦」

エリントン市で反重力装置の実験を行うメガボーグのコマンダー・ネロス。ネロスを倒すため、浮かび上がったエリントン市に乗り込む万丈とレイカ。そこで少年トッポに出会う。

メガボーグとなったネロスとの対決に勝利し、反重力装置を使ってエリントン市を元の位置に戻そうとする万丈だが……「左へ25度、傾いていますな」

反重力装置の実験により地ならしを行い、メガボーグ用の環境を整え人間を家畜として飼育する計画に挑む万丈たち。この回から、ナイスミドルの執事・ギャリソン時田とエンディングの主役であるトッポが登場する。初登場のトッポは、万丈が偶然出会った少年。どさくさに紛れてレイカの豊満なバストに顔を埋めるなど、子供としての役得も。また、メガボーグの幹部であるドン・ザウサーとコロスも顔を見せている。

コマンダーが巨大化するための装置が初登場。巨大化するとき、結構苦痛を伴うものらしい。戦いは、今回も殴り合いと剣劇主体のリアルファイト。だから見ているほうも力が入る。実に重みのあるアクションをしているんだ、これが。スタッフは、演出に貞光紳也、作画はスタジオZの面々。メンバーだけを見たら『ルパン三世』と勘違いしそう。第一話の中村プロの回に比べ、全体的に軽やかで力みの無い動きが特徴的だった。なお、クレジットには表示されていないが、金田伊功が原画として参加している。

セリフ

トッポ「兄ちゃん、あいつらと戦うんだろ?手を貸すよ」

ネロス「次にこの剣が輝いたときには……ぬふふふ、その巨体も一刀両断よ!」

声の出演

破嵐万丈鈴置洋孝/三条レイカ:井上瑤/ビューティタチバナ:水野カコ

トッポ:白石冬美/ギャリソン時田:北村弘一/コロス:信沢三恵子/ネロス:田中崇*1/ソルジャー:末森不二夫/警官:戸谷公次、金沢寿一

スタッフ

脚本 星山博之
絵コンテ 貞光紳也
演出 貞光紳也
作画監督 富沢和雄
作画 鍋島修飯島正勝/亀垣一/平山智金田伊功(ノンクレジット)
美術 メカマン
背景 アート・テイクワン
動画チェック 柏田智子
仕上 シャフト/西山志づ子/増山嘉子
特殊効果 土井通明
タイトル 多々良正春
撮影 旭プロダクション
編集 鶴渕友彰
現像 東京現像所
音響監督 松浦典良
効果 松田昭彦
整音 オーディオ・プランニングU
録音 整音スタジオ
制作進行 今井広美
設定制作 鶴見和一
アシスタントプロデューサー 田豊
制作 名古屋テレビ*2創通エージェンシー日本サンライズ*3

次回予告

巨大なデスバトルが、次々と交通機関を消滅させていく。コマンダー・ベンメルの狙いは何か?捕らわれた万丈とダイターンに、今、ミクロの恐怖が迫る。次回、無敵鋼人ダイターン3「裏切りのコレクター」に、カムヒア!

広告を非表示にする